土地面積30坪の住宅密集地において、広がりや明るさを保ちつつ、周囲からの視線を気にせず暮らせるお家が完成しました。
建築家によって計算されつくした高い吹き抜けと窓の位置が、気持ちいい空間を作り出しています。

1階リビング・ダイニングでは高窓から入った光を吹き抜けの白壁が反射させ、空間を明るく照らします。
暮らしやすさを重視し、住宅密集地内でも1階にLDKを設けました。大きな吹き抜け効果で、採光や広がりを得られるLDKになりました。
近隣の状況が変化しても、高窓からは変わらぬ採光が得られます。

Photo

[foogallery id=”906″]