家業に合った特別な裏動線を設けることで、仕事とプライベートのONとOFFを上手に分けられるようになった二世帯住宅。
商売繁盛、家内安全で家族みんなが気持ちよく暮らせる、働ける、そんな新しい職住近接の住まいになりました。

◎一日に何度も仕事場から行き来するご主人のために裏動線を設計。
ご主人はまず勝手口から入り、そのまま浴室へ直行。ここで着替えてすぐLDでくつろげるようになりました。

◎以前は北向きで寒さに悩まされていたお母様の部屋と、みんなで過ごすリビングを温かい南側に配置。
掃出し窓からは里山の豊かな緑が楽しめます。

◎2階は子世帯のプライベートスペース。
食事も団らんも1階のLD中心ですが、時間がズレたりするときには2階でも過ごすこともあるそう。

◎2種類のサイディングを組み合わせた落ち着きのある外観。
リビングの前面にはデッキテラスを設けました。

Photo

[foogallery id=”1234″]