白っぽいライトカラー系の住宅が多い街並みの中で、ダークカラーの外観が際立つお住まい。
一歩中に入ればバリ風の床材、大窓に面したキッチンや家事動線までこだわりがギッシリ。
家族みんなのライフスタイルに寄り添った、懐の広い住まいが誕生しました。

「どこから見ても格好いい家」が希望だったというご主人。一見、無機質なガルバリウム鋼板の外壁に、レッドシダーの木の風合いが見事に融合することで、全体的に温もりを添えた外観に仕上がりました。
バリ風リゾートのイメージを実現するため、床はすべて高級感のある鮮やかなアカシア材で敷き詰められています。
1階は造作の書棚の奥に寝室を配置。奥まった隠れ家調の雰囲気がうれしい、家族一人ひとりがリラックスした時間を過ごせるプライベートゾーンです。

Photo

[foogallery id=”1075″]